www.dukesdeli.biz

ローンしたケースは、返済自体をする時には利率を含めての支払いになるのは知っていると思います。カード会社は営利を狙いとした企業なのですから必然です。しかし返済する方は、1円でも少なく支払いたいと思うのが本心でしょう。利息制限法が実行される前は年30%近い利子を払わされていましたが、設けられてからは高利子でも年18%位ととっても低く決められているので、随分お得になったようです。今のローンキャッシングの利率範囲は4%位から18%位の枠が設けられていて、利用可能額により設けられます。利用限度額は借り主の与信によって決定します。総量制限により年収の1/3までと決められていますので、年収がいくらなのか?どのような職業についているのか?カードの利用状況はどうなのか?等が調べられ与信限度額としてカードの内容が決まることになります。カードを使ったローンの場合使用可能金額が10万円〜800万円(各業者でサービスは違います)と広い幅があります。そしてその間の中で決められた利用できる金額により利率も決まるはずです。50万円なら年間18%、300万円なら年率12%、800万円なら年率4%といった数値になるのです。結局、評価が上がれば、与信額も良くなり、金利も低いというわけです。この金利に疑念を感じるのは私だけでしょうか?余談になりますが、カード業者にとって、それらは無論問題がない事なのでしょうが、年収の良い人がローンサービスの必要があると考えずらいですし、仮にキャッシングサービスを利用したとしても利率が高かろうが低かろうが、お金の返済に悩む事はないと思います。むしろ年収の少ない人は即座にお金が必要なのでキャッシングする方が大抵です。利子が高いとお金の返済に苦しむことになります。ですから利用可能幅の少ない人にこそ低金利で利用できるようにするべきです。これは使う自分が置かれている立場としての考えではあります。この事実を考慮すると、金利を低くする為にはどうしたら良いのか、何となく感じたと思います。事実、これから書く方法で、申し込む人が大多数なので教えますと、カードローンの申請をする際、収入の1/3ぎりぎりの金額まで申込みをするのです。年収450万円なら150万円。年収600万円なら200万円。年収900万円なら300万円で審査で申し込んだMAXの金額が通ればその分利息が安いカードを持つことができます。とは言ってもMAXギリギリまで利用しなければならないというわけではありません。15万円でも50万円でも必要な金額だけ利用可能です。さらに利用限度可能範囲が300万円で最低利率7%位のローン業者もあるのです。その業者に申請すればその会社の最低金利で使用できます。どう思いましたか?アプローチを変えるだけで低金利のキャッシングできるカードを手に入れることが出来るようになります。自身の年の収入とローン会社の金利を比べて、調査に時間を費やせば、より有利な契約で借りれるため、きちんとチェックするようにしてください。
Copyright © 1999 www.dukesdeli.biz All Rights Reserved.